ぼっちカメラ手記

カメラや写真に関する色々を綴ります

page. 21 滝観洞 【Movie】

滝観洞 March 24, 2018 | Taku 岩手県住田町にある滝観洞の紹介動画を作成しました。観光地化されているエリアは約880m。最深部にある「天の岩戸の滝」は落差29mに及ぶ日本最大級の洞内滝です。その圧倒的な景観には、言葉を失うばかりでした。 www.youtube.…

page. 20 ダイヤモンド富士

ダイヤモンド富士 Febrary 18, 2018 | Taku 皆、同じ方向を見ている。 ■

page. 19 The Cave

The Cave October 9, 2016 | Taku 洞窟の持つ神秘性には、非常に魅力的なものがあります。長い時間の中で形成された、人の手には作り出すことのできない圧倒的な造形。写真は岡山県真庭市にある神庭鬼の穴。進入可能な最深部の空間では、発信源の分からない…

page. 18 αで捉える地元の雪

Takuです。 関東でたまに降るタイプの大雪になりましたね。せっかくの機会なのでカメラとフラッシュをもって帰り際に撮影してきました。フラッシュを使って雪を止めるタイプの写真、今まで撮ったことが無く、ずっとやってみたかったんですよね。 手持ちで行…

page. 17 RAW現像とJPEG撮って出し 第二回「RAW/JPEG to JPEG ~Dレンジとレタッチ耐性~」

Takuです。 RAW現像とJPEG撮って出しの話、第二回です。第一回では、そもそもいわゆるRAW現像とJPEG撮って出しとでデータの作られ方がどのように違うのかを説明しました。まだ読まれていない方はぜひ目を通していただけると幸いです。 botch-camera.hatenabl…

page. 16 SILVER GRASS

SILVER GRASS December 10, 2017 | Taku 苦労して到達した場所には、往々にして、感動的な光景が広がっているものです。写真は昨年末、奈良県曾爾高原に行った際に撮ったもの。徒歩で向かうには大変な所でしたが、辿り着いてみると素晴らしい景色を見せてく…

page. 15 ハチドリ

ハチドリ December 23, 2017 | Taku 富士山を背に翔び立つ飛行機を見ることが出来る "HUMMINGBIRD DEPARTURE" と呼ばれる離陸方式ですが、諸事情により廃止が決定されていると聞きます。このようにいつ失われるか分からない光景も、写真として残しておくこと…

page. 14 水に寄せて

水に寄せて September 16, 2017 | Taku 山や森の中を歩くとき、都市部で時を過ごすだけでは決して感じることのできない感覚を覚えることがあります。見、聞き、その他全ての感覚器官で受け取った事象がそのまま自分自身の世界となるならば、だから私は休日を…

page. 13 超簡易ピンホールカメラ

Takuです。 ミラーレス一眼を用いて、超簡易ピンホールカメラを作って遊んでみました。折角なので、レビューしようと思います。 ◆作り方 まず下記の材料を準備します。・ミラーレス一眼カメラ・アルミホイル・針・マスキングテープ カメラのボディキャップを…

page. 12 RAW現像とJPEG撮って出し 第一回「Light to JPEG ~JPEG撮って出しとRAW現像、何が違うのか~」

Takuです。 「RAW現像派 v.s. JPEG撮って出し派」の争い、しばしば議論されます。年末年始もTwitterのカメラクラスタ間で盛り上がってましたね。皆さん議論大好き。それだけカメラ・写真が好きなのと、自分のこだわりが強いんだと思います。主張があるのは良…

page. 11 JUNGLE'S

JUNGLE'S June 10, 2017 | Taku 西表島。見たことのない形状。 ■

page. 10 星色夜空

星色夜空 October 14, 2017 | Taku 見渡す限り満天の星空。目を凝らせば凝らすほど星の光ばかりが瞳に飛び込んでくる圧倒的な光景。天候の変化が激しいとされる谷川岳ですが、夜に30分間だけ、美しい景色を見ることが叶いました。 ■

page. 9 富士

富士 January 4, 2018 | Taku 晴れの日の富士山は、何もしなくても色々な表情を見せてくれました。 ■

page. 8 三十槌の氷柱

三十槌の氷柱 January 7, 2018 | Taku 荒川の上流には、雄大な氷の景色が広がっていました。自然の作り出した氷柱と川面の景観は実に圧倒的でした。 ■

page. 7 倍率色収差

K, Takuです。 今回は収差の話。 カメラをやってると収差から目を逸らすことはできません。というのも、描写性能に直結する話だからです。レンズの種類は同じでも個体によって出方にばらつきがあったり、オールドレンズでは逆に「味」として認識されたり、奥…

page. 6 【レンズレビュー】Mir-47 20mm f/2.5

K, Takuです。 訳あって歪曲収差の見えるレンズが必要で、いろいろ探した結果たどり着きました。 ロシアのレンズ、Mir-47 20mm f/2.5です。 久しぶりのオールドレンズです。購入したからには素性の調査をば。 ※なお、内部のクリーニング等は個人として一切行…

page. 5 ND1000と色味のはなし

先日フィルターを購入しました。ND1000です。晴れ間で滝を流して撮りたかったのです。 www.kenko-tokina.co.jp 上記ND1000を使用して撮影したものがこちら。 ■SONY ILCE-7S/SEL70200G/F8.0 3.2秒 ISO100 場所は西表島のマリユドゥの滝です。梅雨入りしてい…

page. 4 フルサイズ v.s. APS-C

K, Takuです。 センサーサイズの話をば。 一眼レフ然り、ミラーレス一眼然り、いわゆる「一眼カメラ」と呼ばれるカメラにおいてはセンサーの大きさが重要なスペックの一つとして語られます。最近ではコンデジでもハイエンドなものでは大きなサイズのセンサー…

page. 3 焦点距離と画角の話

K, Takuです。 レンズの焦点距離の捉えられ方は色々ありますね。望遠では遠くのものを大きく映せる、広角では広い場所をパースを利かせて映せる、50mmは人の見た感じによく似ている、などなど、様々な語られ方をします。 焦点距離 600mm 焦点距離 50mm 焦点…

page. 2 【レンズレビュー】Komura 135mm F3.5

K, Takuです。 先月開催されたCP+2017、参加させていただきました。去年の参加では時間の都合上どうしても行けなかった「CP+中古カメラフェア」に、今年こそはと顔を出し、色々と物色していたところ、一本気になるレンズが。 それが今回レビューします、Komu…

page. 1 まえがき

はじめましての方ははじめまして。そうでない方もはじめまして。 K, Takuです。 ブログを新設しました。 写真やカメラに関して、覚え書き程度に整理していくつもりです。 よろしくお願いします。 ◆2017年3月19日現在、使用機材は下記の通りです。 【ボディ】…