ぼっちカメラ手記

カメラや写真に関する色々を綴ります

page. 2 【レンズレビュー】Komura 135mm F3.5

K, Takuです。

先月開催されたCP+2017、参加させていただきました。
去年の参加では時間の都合上どうしても行けなかった「CP+中古カメラフェア」に、今年こそはと顔を出し、色々と物色していたところ、一本気になるレンズが。

それが今回レビューします、Komura 135mm F3.5 です。
オールドレンズらしいコテコテした外観のレンズがB級品の棚に置いてあり、「1,500円」の値札が貼ってあったので迷わず購入。人生初のオールドレンズはこれになりました。
f:id:K_Taku:20170319230505j:plain
というわけで、購入したからには素性の調査をば。
※なお、内部のクリーニング等は個人として一切行っていませんし、そもそもB級品です。当記事で行ったテストは、このレンズ個体固有の特徴を調べる目的で行っています。同一名称のレンズすべてに当てはまる内容とは限りませんのでご注意願います。


◆ステータス◆

Komura 135 mm F3.5
【メーカー】三協光機
【レンズ区分】単焦点
焦点距離】135 mm
F値】3.5-22
【絞り羽枚数】16枚

☞ヒトコト☞ 絞り羽枚数が凄い!レンズ内部を覗きながら絞りを動かしたときに16枚の羽根が同時にワシャッと動く様子が面白く、買う理由のポイントになりました。


◆外観◆
f:id:K_Taku:20170320000025j:plain

f:id:K_Taku:20170320000102j:plain

f:id:K_Taku:20170320000223j:plain

 

 

◆チャート撮影◆

 

 

f:id:K_Taku:20170319232350p:plain

f:id:K_Taku:20170319232607p:plain

☞ヒトコト☞ 開放はボヤっと眠たい感じ。F5.6-F8で一番パリッと引き締まる印象がある。コントラストも高いように見られる。F11からフレアっぽさが出てきてヌケが悪くなり、F16以降は小絞りボケの影響か、再び眠たくなる様子。比較として以前撮影したCanonレンズのを載せましたが、撮ってるボディも違うしあんまり参考にはならないかも。


f:id:K_Taku:20170319232728p:plain

f:id:K_Taku:20170319233752p:plain


☞ヒトコト☞ 開放では流れが激しい。非点収差?F8まではかなり目立つが、F11以降は落ち着く様子。ただし倍率色収差が出ているのでこれは諦めるしかない。味ですよ、味。

 

◆周辺光量チェック◆

f:id:K_Taku:20170319233915p:plain
☞ヒトコト☞ 当然ながら開放では周辺が相当落ちます。F5.6-F8でかなりなだらかになるものの、F11以上に絞り込むとまた中央付近が明るく浮き上がってきます。これはこのレンズの特徴かなあという感じ。


◆逆光性能◆

f:id:K_Taku:20170319234620p:plain

f:id:K_Taku:20170319234646p:plain

f:id:K_Taku:20170319234716p:plain

f:id:K_Taku:20170319234741p:plain

☞ヒトコト☞ フレアやゴーストは当然出るとして、それを楽しみにオールドレンズを買うところがあるのですが、このレンズで強烈なのは「絞り羽枚の模様が出る」ところですね。遊び心でも作品内に取り入れるのは難しそうな模様が入り込むので、逆光状態での絞り込んだ撮影は気を付けたいです。一方で、最後の一枚のような虹色の帯のフレアはまさに古いレンズ!という感じがして好みです。うまく使ってやりたくなります。

 

◆色味◆

f:id:K_Taku:20170319235156p:plain

☞ヒトコト☞ マクベスカラーチャートを撮影。比較機は優等生レンズZeiss Batis 2/25としました。焦点距離が全然違うので比較として正しいのかと言われると返答に窮しますが、、今後改善していきます。
各色についてCapture OneでRGB値を取得して、HSLに変換しました。青のバーがZeiss Batis 2/25、オレンジのバーがKomura 135mm f3.5です。
・色相についてはどの色もほぼ差がありません。「何色に倒れている」というようなタイプの描写の違いはなさそうです。※本来はLab空間で比較すべきです。D65光源を持っていないので、今後改善していきたいです。
・彩度は大幅に低下しているのが分かります。絵を見ても明らかですね。
・輝度ですが、約95を中心として、それより高い色ではKomura<Zeiss, それより低い色ではKomura>Zeissという結果になりました。Komuraは輝度が95付近に向かって集中していることになりますので、Zeissよりもコントラストが低い、と考えられます。まぁ、絵を見ればわかりますね。

 

◆作例◆

f:id:K_Taku:20170320001219j:plain

f:id:K_Taku:20170320001635j:plain

☞ヒトコト☞ 彩度、コントラストともに低いレンズなので、くすんだ絵が撮れます。一枚目の背景の黄色、もっと鮮やかだったんですけれども、上記のような結果になりました。ただ、空の青色もほんのりと出すことは出来ていて、加工次第でもっと見られる絵にはなるかなと思いたいところ。

f:id:K_Taku:20170320001430j:plain
☞ヒトコト☞ コントラストの低さを利用してふわっとした絵にも出来そうです。

 

f:id:K_Taku:20170320001808j:plain
☞ヒトコト☞ フレアを利用してみた例。古いレンズを使うからにはこういうのを撮ってみたかった!

 

◆まとめ◆
・Komura 135 mm F3.5
・B級中古品。
・虹色フレアが出る。絞ると羽根の模様も出る。
・中心の解像はそんなに悪くない印象。全然使えないレベルではない。
・コントラストが低いので良く言えばふわっと、悪く言えばもやっとした写真が撮れる。

 

 

以上です。
これ以外にもPentaxのtakumarレンズを2本購入していて、そちらの素性もこれからいろいろ調査しようとしています。

テスト内容等、何かコメントいただければ嬉しく思います。
それでは。