ぼっちカメラ手記

カメラや写真に関する色々を綴ります

page. 7 倍率色収差

K, Takuです。

 

今回は収差の話。

カメラをやってると収差から目を逸らすことはできません。というのも、描写性能に直結する話だからです。レンズの種類は同じでも個体によって出方にばらつきがあったり、オールドレンズでは逆に「味」として認識されたり、奥の深い話だと思います。

 

収差を一言で表すなら、「ある一点から出た光がレンズを通った先で1点に集まらないこと」と言えます。(もちろん少し語弊はあります)

そしてご存じの通り、色収差とザイデル収差とに大別出来て、さらに色収差は倍率色収差と軸上色収差に、ザイデル収差はコマ収差、像面湾曲、歪曲収差、球面収差、非点収差に分けられます。

 

今回注目するのは倍率色収差

原理はサクッと下記の通り。

 

f:id:K_Taku:20171124203109p:plain

周波数ごとに屈折率が異なることで、像倍率が変化してしまい、結像する点が色によってずれてしまうことで起こります。これが表れると、縁が滲んだような絵になることになります。軸上色収差と違い、像面上の外側で顕著に見られます。

特長としては、ほかの収差と違って絞り込んでもあまり改善しないことでしょうか。

 

◆◆◆

さて、今回の趣旨はというと、倍率色収差の出方は決まっているのか、という疑問です。

すなわち、上図のように必ず波長の長い光が「外側」で結像し、波長の短い光が「内側」で結像するのか、あるいはその逆になるのか、はたまたどちらもあり得るのか。

 

昨今のレンズにおいては複数のレンズが組み合わさっている事実もあり、実際のところどうなるのかは単純な話では無いように感じます。

 

ということで、トライしてみました。

 

◆◆◆
<検証>

今回試したレンズは下記の通り。

PENTAX SMC TAKUMAR 55F18
PENTAX SMC TAKUMAR 28F35
③Sankyo Koki KOMURA 135F35
④Mir-47 20F25
SONY SEL2470Z

 

ボディはα7Sを使用しました。ISOは100で固定。撮影距離とかはなんとなく。
こういう時にオールドレンズを持っていると現象出しが楽でいいですね。

 

結果を示します。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

PENTAX SMC TAKUMAR 55F18 

f:id:K_Taku:20171124210116j:plain

左上の赤枠部分を拡大したのが下図。

f:id:K_Taku:20171124205120p:plain

これでも若干わかりづらいですが、わずかに右下側に向かって赤・黄色のにじみが見えます。また、左上側に向かって青色のにじみが見えます。

ということで、こちらのレンズの倍率色収差は下記の通り。

【①結果】
・波長が長い→内側
・波長が短い→外側

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

PENTAX SMC TAKUMAR 28F35

 f:id:K_Taku:20171124210339j:plain

左上の赤枠部分を拡大したのが下図。

f:id:K_Taku:20171124210359p:plain

こちらも①と同様、わずかに右下側に向かって赤・黄色のにじみが見えます。また、左上側に向かって青色のにじみが見えます。

ということで、こちらのレンズの倍率色収差は下記の通り。

【②結果】
・波長が長い→内側
・波長が短い→外側

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

③Sankyo Koki KOMURA 135F35

f:id:K_Taku:20171124210629j:plain

左上の赤枠部分を拡大したのが下図。

f:id:K_Taku:20171124210654p:plain

お、これは①②と傾向が逆ですね!右下側に向かって青いにじみが、左上側に向かって赤いにじみが見えます。

ということで、こちらのレンズの倍率色収差は下記の通り。

【③結果】
・波長が長い→外側
・波長が短い→内側

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

④Mir-47 20F25

f:id:K_Taku:20171124210848j:plain

左上の赤枠部分を拡大したのが下図。

f:id:K_Taku:20171124210906p:plain

こちらのレンズは右下側に向かって赤のにじみ、左上側に向かって青色のにじみ。

【④結果】
・波長が長い→内側
・波長が短い→外側

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

SONY SEL2470Z

f:id:K_Taku:20171124211140j:plain

左上の赤枠部分を拡大したのが下図。

f:id:K_Taku:20171124211200p:plain

最近のレンズは素性が良いからほとんど見えない、、、ですがよく見れば右下側に向かって赤のにじみ、左上側に向かって青色のにじみがあるのがわかります。

 

【⑤結果】
・波長が長い→内側
・波長が短い→外側

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

【結果総合】

交換レンズ5本中、波長が長いほう(赤色)が内側に滲むのが4本、波長が短いほう(青色)が内側に滲むのが1本。

   ①      ②       ③       ④        ⑤

f:id:K_Taku:20171124205120p:plain f:id:K_Taku:20171124210359p:plain f:id:K_Taku:20171124210654p:plain f:id:K_Taku:20171124210906p:plain f:id:K_Taku:20171124211200p:plain



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ◆◆◆

ということで、当初の疑問である「波長の長い光が「外側」で結像し、波長の短い光が「内側」で結像するのか、あるいはその逆になるのか、はたまたどちらもあり得るのか。」に対して回答が出ました。

すなわち、「どちらもあり得る」というのが結果のようです。

ちょっと意外。赤い光の方が屈折率が小さい分内側で結像するイメージがあるため、全部その傾向に倒れると思っていたのですが、結果としては両方とも存在することが確認できました。

やっぱりおそらく、複数のレンズを組み合わせていることが原因でしょうか。中身を分解して光路を追跡してみないと詳細は分からなさそうです。

 

◆◆◆

 

 

疑問も解消できましたので、今回はここまで。

 

何かご意見ご感想あれば、コメント頂けると嬉しく思います。

 

 

それでは。